スムージーを作るときに入れると良い野菜や果物はなに?

スムージーダイエットは有名人もモデルもこぞって成功しているダイエット方法で、痩せると言われているので始める人が増えています。

これから始める人にとっておすすめの材料はなんなのでしょうか。

是非入れたい野菜をここでは紹介します。

葉野菜葉入れると絶対に良い

これから初めてスムージーを作りたいと思っている人は、葉野菜を入れるといいでしょう。

小松菜なんていかがでしょうか。

青臭さが苦手という人は、特に小松菜がおすすめです。

小松菜は知っている人も多いですが、青臭さもありませんしとても飲みやすいのです。

そしてスムージーの中に入れることによってマイルドな仕上がりになることも間違いありません。

それ以外の葉野菜といえばほうれん草もいいでしょう。

ほかの材料と組み合わせしやすい味ですので、美味しさを求めてスムージーを続けたいと思っている人にもぴったりです。

ルッコラ、水菜などを入れると彩が良くなります。

これらを入れずにつくると結構濃い目の緑に仕上がるのですが、ルッコラ、水菜を入れることで色鮮やかな緑になりますので、見た目にも美味しそうで、続ける食欲が沸いてきます。

野菜と果物を両方入れたほうがいいのか?

野菜だけで作ったほうがダイエットの効果があるのか、それとも果物も入れたほうがいいのか迷う人もいるかも知れないのですが、野菜と果物を一緒に入れたほうが、美味しさはアップすると思います。

果物の甘みが出てくれますので野菜の苦味を消してくれるのです。

味を求めて美味しいスムージーが飲みたいという人は、できれば野菜だけで作るのではなくて、果物も一緒に入れたほうがいいでしょう。

おすすめの野菜を紹介

それ以外にもおすすめの野菜としては青梗菜があります。

こちらも癖があまりありませんし、口当たりも良いですから、初めてスムージーを作るという人にぴったりです。

ビタミンも豊富に含まれていて鉄分、カルシウム等も豊富です。

青梗菜を入れて作るときにはキウイ、りんご等も一緒に入れると組み合わせの相性がいいので入れてみてもいいでしょう。

そしてモロヘイヤです。

ネバネバのイメージがありますが、抗酸化作用がとても高く優れた野菜なので、毎日摂ることでダイエットはもちろん美容にも効果的です。

使うなら柔らかな葉っぱの部分だけにして、甘さが高いバナナと一緒に作ればそれほどまずい味には仕上がりませんし、美味しく続けることができるでしょうからおすすめです。